まつげ育毛剤はどれくらいの価格で購入できるの?

2019年09月07日
きれいな目とまつげ

まつげ育毛剤は主に美容外科や皮膚科、眼科等で処方してもらう事が出来る医薬品です。美容外科や美容皮膚科で行われている二重手術や豊胸手術、さらに今人気が高い美容注射、レーザーやフラッシュ、そして脱毛など美容目的で診察を治療を受けるとなると保険適応外になりますので、自費治療でのお会計の高さにびっくりされる事も有るかもしれません。

ルミガンを処方してもらうのは保険適応外ですので、初診の方は調べてから受診していないと高額で驚くことも有るでしょう。同じ薬を処方してもらうとしても緑内障や高眼圧症の治療目的ですと保険が適用されますが、美容目的となると保険が適用されないのです。保険適用となれば3割負担ですが自費ですとその費用はクリニックによって設定されている金額が異なるため、少しばらつきが出てきます。相場を見てみますと大体診察費用も含めて5000円~8000円程度となっています。1本購入するのにこんなに高いのかと思う方もいるかもしれませんが、医師の診察を受けてからの方が相談ができるし、説明も直接聞けるし安心ということで敢えてクリニックを受診してから処方してもらうという選択をされる方もいます。

3~4か月は使っていくまつげ育毛剤ですし、できるだけコストパフォーマンスも抑えて購入したいということであれば、個人輸入サイトを利用して通販での購入も可能です。今は何でも通販で購入できる時代と言われていますし、海外医薬品においても個人輸入サイトを利用すれば診察費用も掛からず専用のアプリケーターもついて1本4000円弱で購入出来ます。

ちなみにルミガンにはケアプロストというジェネリック薬品も出ています。ジェネリックは先行薬が販売されてから一定期間たつと、ほかのメーカーからも同成分で販売が許可されて登場してきますが、研究費用や開発費用があまりかけられていない分薬価が安いのが特徴です。ルミガンに含まれている有効成分のビマトプロストももちろん配合されていますし、其の他の成分に関しても同量ですので効果も変わりません。それでいて1本あたりアプリケーターつきで3000円程の価格相場ですので、1日あたりにしてもコスパに違いが出てきます。

ルミガンはクリニックでも処方してもらえますが、ケアプロストは取扱いをしていないクリニックも多いため、ジェネリックですし価格の面もできるだけ安く購入したいという方は個人輸入サイトで購入しましょう。

関連記事
女性がまつげエクステを利用しているの割合とは 2019年10月09日

最近まつげエクステをしている女性が増えていると感じることはありませんか。実際にまつげエクステの施術を行うサロンの数も増えている傾向がありますし、最初はエクステの種類もシルク、高級なセーブル、そしてもっとボリュームのあるタイプなど、どんどん改良されて思い通りのまつ毛を演出できるようになっているのも興味

2019年10月09日
悩む女性が多いまつげ貧毛症とは? 2019年09月24日

誰でも身体や顔に何かしらコンプレックスを持っているものです。女性の中にはまつげが短い、ボリュームが少ないということで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。魅力的な目にすることで第一印象も変わりますし、美人に可愛く見せるためにアイメイクは欠かせません。しかしまつげにダメージや負担を大きく与えてしまう

2019年09月24日
ルミガンやケアプロストで起こる副作用とは 2019年08月24日

まつげ育毛剤のルミガンとケアプロストは、ヘアサイクルの成長期を延ばす事が出来る医薬品ですので、ふさふさで欧米人のような長くてボリュームのあるまつ毛になると話題です。しかしどんな医薬品でも使う時には副作用や注意事項は事前に確認をしてから使わなくてはなりません。重篤な副作用はほとんど挙げられていませんが

2019年08月24日